月並みですが、お気軽にどうぞ。

どんなコトでも、大歓迎。
なにかお気づきの点などありましたら、どうぞこちらよりメッセージをお寄せください。

つぶやきとか

近況とかつぶやきとか。こちらからも不定期に発信してます。
みなさまとどこかでつながれたらいいなぁ。なんて思いながら。

カテゴリ・タグ

当サイトではカオルコーポレーションのWEBチームが、サービスのお知らせやご案内以外にも
ネタになりそうなニュースや気になったことなどを不定期にテキトーにあげています。
何かのお役にたてればウレシイです。

メンバーのご紹介

カオルデザインのWEBチーム。こんなヤツらがつくっております。
まぁ、若干...いえ、結構クセの強いスタッフが多いのですが、
「自由で個性的」ということにしておいていただけると幸いです。

もんじやま
もんじやまデザイナ~
やまぐち
やまぐちデザイナ~
さいまる
さいまるプランナ~
みうら
みうらFEエンジニア
にし
にしデザイナ~
あめみや
あめみやデザイナ~
もちづき
もちづきプランナ~
くつかわ
くつかわプランナ~
さくらい
さくらいFEエンジニア
はらだ
はらだプランナ~
でざいな~
でざいな~ち~むデザイナ~
そつぎょうしゃ
そつぎょうしゃいろいろ

運営会社のご案内

当サイトは広告デザイン会社プロダクション・株式会社カオルデザインが運営しております。
WEBとかマーケティング、広告とかいろいろやらせていただいておりますが、
『コミュニケーションをデザインする』っていう、世の中が少しでも楽しく、イキイキするためのお手伝いをさせていただいております。

商号
株式会社カオルデザイン
住所
東京都立川市栄町4-13-4
設 立
平成11年2月(1999/02)
TEL / FAX
042-595-8807 / 042-595-8703
資本金
10,000,000円
業務内容
ホームページ企画・制作・運営・管理
インターネットコンサルティング
各種媒体デザイン企画・制作
Googleビジネスパートナー制度導入企業
ホームページ
https://www.kaorudesign.com/
現地中国での微信(WeChat)とQQに関して
Mar/20

現地中国での微信(WeChat)とQQに関して


日本では『LINE』や『Facebook』が主流コミュニケーションツールですが、
中国では独自のプロモーション『微信(WeChat)』『QQ』が普及しています。

耳にした事がないという方も多いと思うので、簡単に紹介をしたいと思います!

 

【微信(WeChat)とは?】

 

20111月に中国でサービスを開始したソーシャルツール。

海外向けには“WeChat”の名称としてデビューしています。

感覚的にはSkypeLINEの中間のようなツールです。

現在、使用ユーザー数はなんと5億人!すごいです・・・

 

使い方としては文字でやりとりする他、中国人同士ではトランシーバーのように音声を吹き込んでやりとりする様子もみかけます。

最近では「WeChat専用のイヤホンマイク」まで出回っているようです。

イヤホンのリモコン部分に通常ついているボリューム調整ボタンに並び「PUSHボタン」があり、このボタンを押している間のみ音声を送る事が出来るという完全なWeChat仕様。

 

また、ビジネスシーンではWeChatを利用したキャンペーンが多くなってきました。

wechat②

街中の屋外広告、駅構内、商業施設、店内のPOP、お会計時のレジ脇の至る所で「QRコード」を発見出来ます!

 

内容は企業やブランド、施設などの「WeChat公式アカウント」です。

公式アカウント内で行われている広告は各企業により様々ですが、ほとんどが会員(フォロワー)獲得をしつつ、新情報の配信、ディスカウント情報の配信、店舗紹介をしてます。

 

 

QQとは?】

こちらはSkypeFacebookの間のようなインスタントメッセンジャーで、

中国では子供からお年寄りまで使っていて、豊富な機能を揃えています。

騰訊(tencent)からフリーソフトとして提供されていて、日本語を含めた国際バージョンもあったりします。

 

現在、アカウント数は10億を突破!6億人のアクティブユーザー!

.2億人が毎日アクセスしているとの事(中国インターネット人口の実に9割)

これまた、すごすぎます・・・

 

QQはメッセンジャーと個人ポータルサイトのようなQZoneの2つで構成されています。

インターフェースはそれぞれ、こんな感じです。

 

【メッセンジャー】

QQ①

 

QZone

Qzone①

 

これを使ってチャットやファイル送信をしてます。(機能はまだまだ豊富!)

 

【まとめ】

これほどまでに普及したコミュニケーションであるQQ/微信は、友達とのコミュニケーションのみならず、ビジネスの場でも活躍しています。

今では名刺にQQ番号/微信の個人QRコード/企業QRコードを載せることも一般的。

中国では、メールのビジネス上のメールのやりとりもQQ/微信によるチャット形式で行われるのが主流になっています。

 

中国国内のニュースや情報も日々更新されているので、是非『QQ』『微信』をダウンロードし利用してみてはいかがでしょうか。

にかよった記事
そつぎょうしゃ by: Category:ネタとかニュースとか Tag:, , ,